中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その98 良い先生や良い塾とは

良い先生や良い塾は、基本を決して疎かにしません。基本をしっかり勉強させる授業は、退屈で面白くありません。子供が授業を受けて帰ってくると、面白くなかったとか簡単な問題ばかりだったと言うかもしれません。しかし、その授業は基本を疎かにしない良い授業の可能性があります。反対に、面白かったとか難しい問題を解いて良かったと言っていたとしても、実は雑談が多かったり、基礎が固まらない状態で帰ってきている場合があります。

継続してその人の授業を受けて、基礎が固まってきたなら、その先生は良い先生で間違い無いです。塾の教材も、基礎のトレーニングをこれでもかとやるように構成されている教材は良い教材です。本当に基礎が完璧にできているなら、難しい問題を扱うコースに既に上がっているはずなので、そのコースにいない時点で基礎に穴があるとみて間違いありません。

また、良い先生や塾は、どんな質問にも快く答えてくれます。嫌な顔をされたら、他の先生や塾に変えて良いでしょう。集団塾であれば、個別にも対応してくれるサービスが付いている塾が良い塾ですね。料金も明確で適正価格、実績も出していれば安心できます。

講師の質ですが、これはなかなか外からはわかりづらいかもしれませんが、常勤を多く雇っている塾が良いです。非常勤講師の方にも優秀な人はいますが、やはり社会的に信用度の低い立場の人は、どこかしら違和感を感じる部分があります。子供の見本にならなければいけない立場の人達ですから、やはり常勤が望ましいです。中には、旧帝大卒以上の常勤しかいない塾もあるようです。

学歴も無いよりはあった方が良いですね。中学受験をしていないのに中学受験の指導をしたり、講師よりも明らかに頭の良い生徒に指導するというのは違和感を感じます。学歴があって、正社員の講師が多い塾は、良い塾である可能性が高いので、その会社の就職状況や退職率なども調べる事が出来れば、調べるに越したことはないですね。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。