中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その69 学校に行く必要はあるのか?

人は、学校の勉強で人生を学ぶのではありません。好きなことから人生を学びます。他人から見ると、無駄な時間を過ごしているように見えても、その人にとって好きなことをしている時間であれば、それは学んでいる時間なのです。ゲームが好きな人はゲームから、お酒が好きな人はお酒から、本が好きな人は本から人生を学ぶのです。だから、子供も大人もある程度好きなことをした方が良いというのが筆者の考えです。

しかし、学校は好きだろうが嫌いだろうがよほどの理由がない限り行った方が良いです。なぜ学校に行った方が良いのでしょうか。それは基礎学力をつけることと、集団生活をすることで成長し、社会人としての土台作りができるからです。大人になって社会で生きていくには、最低限の読み書き計算や言葉遣い、礼儀作法や思いやりの心を身につけておかないと、本人が困ることになります。学校はそのような土台作りの場なのです。

学校に行く必要なんてないと言う大人がいますが、中学生までは、親が子供に教育を受けさせる義務があるので、そんなことを言う親は無責任です。いじめられて学校に行きたくないと言っているなら、一時期は欠席してもいいでしょうが、保護者が学校に問い合わせて、問題解決をするよう訴えた方が良いでしょう。そしてちゃんと子供を学校に行かせるようにする必要があります。

高校生になったら行っても行かなくても自由ではありますが、今の社会で高校も卒業していない人が生きていくのは、あまりに過酷です。最低でも高校卒業、できれば大学卒業までしておくことが生きやすいのは明らかでしょう。勉強ができなくても卒業できる高校や大学は山ほどあります。勉強ができないなら、学校は友達と楽しく過ごしながら、勉強は適当に切り抜けて、出席日数ギリギリでもいいので卒業しておきましょう。

登校拒否をする人は、真面目な優等生が多いのです。真面目は報われないこともあることを学んで、適当にサボりながらも学校に行き、空いた時間に好きなことをすればいいのです。

大人になっても嫌なことは山ほどあります。大抵の人は、嫌なことをやらないと生活ができません。その練習として学校があるのです。学校から学ばなくても、好きなことから人生で大切なことは学べるので、学校が嫌いな人は、卒業することにこだわればいいのです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。