中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その64 国語の大切さ

以前算数の大切さを述べましたが、国語の大切さも述べようと思います。

算数と国語は、多くの学校で理科や社会よりも配点が高いため、合否に大きく関わってくる科目です。特に算数は、1問あたりの配点が大きいために、差がつきやすいです。一方国語は、日本語なので、ある程度誰でもできる科目なために、ないがしろにされやすい傾向があります。特に男子は算数ができて国語が苦手という子が多いです。私もそうでした。ここで、国語をほとんど勉強せずに算数ばかり勉強すると、後々困ることになります。

中学受験は、国語が苦手でも、誰でもある程度はできるために、そこまで差がつかず、算数が飛び抜けてできれば合格する場合があります。大学受験でも、国語のいらない学校もあり、数学だけが飛び抜けてできると突破できたりします。

しかしこれが危ないのです。大学生以降は、文章を読まなければいけない場面が山ほど出てくるからです。大学生から伸びなくなる人は、決まって国語ができない人なのです。国語が苦手でも、逃げずにしっかりと勉強しましょう。国語が苦手な人は、大抵本を読むことが嫌いです。中学生になったら、漫画でも構わないので活字に触れる事が大切です。

私は20歳くらいまで、活字だけの本を一冊も読めませんでした。それでも漫画を通して活字に触れていたために、何とか大学入試まで突破する事が出来たのですが、ずっと活字の本を読めていない事がコンプレックスだったために、大学生になってから、ようやく本を読めるようになりました。これも、中学受験の国語で最低限の勉強はしていたことと、中学生以降に漫画を大量に読んでいたからだと思います。

社会人になった今では、読書は生活の一部になっていますが、読書の習慣がついていなかったらと思うとぞっとします。今本を読めない人は、漫画で構わないのでどんどん読みましょう。本を読める人も、受験のために読書をやめる必要はありません。6年生になったら、控える必要は出てくるでしょうが、やめる必要はありません。

大人になっても成長し続ける人は、決まって国語ができる人であることを忘れないで欲しいです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。