中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その49 目的を間違えないこと

学習塾に通っていると、膨大な家庭学習が出されます。真面目な生徒は、全てやろうとします。間違ってはいませんが、そういう日々が続くと、しばしば家庭学習を終わらせることが目的になってしまいがちです。

目的は、家庭学習を終わらせることではありません。目的はあくまでも、受験に合格することであり、できなかった問題をできるようにすることです。出された家庭学習を1週間以内に何とか終わらせたとしても、一周しただけで頭に入っていなければ、確認テストで点数は取れません。当然入試でも点数が取れないために、不合格になってしまいます。努力が報われないケースですね。

家庭学習をやる以上は、1週間の間に間違えた問題を繰り返しやって、次週の確認テストで点数を取ることにこだわらないといけません。間違えたら後で間違え直しをすればいいという意識では点数は取れません。次週の確認テストで満点を取るために、この1週間ベストを尽くそうと決意して、徹底的にやることが大事なのです。

時間がどうしても足りない場合は、出された家庭学習を全てできなくても構いません。しかし、やった問題に関しては、次週の確認テストで点数に繋げましょう。そうすれば、間違え直しの数も減ってきます。間違え直しの数が減れば、時間が生まれるので、ますますできる問題が増えてきます。正のスパイラルに入るためには、1週間の間にベストを尽くして、出来るだけ確認テストで間違える問題の数を減らすことに集中することです。この問題は二度とやらなくていいように、必ず正解させる!と決意しましょう。

点数が取れてくると、勉強を続けやすくなります。ほとんどの人は、勉強が好きではありません。だからこそ、点数にこだわることが大事なのです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。