中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その46 図はフリーハンドで描こう

算数や理科では、図を描くことが多いです。

学校の宿題では、図を描く際に、定規などを使わせることがあるようですが、家で受験勉強をする際は、定規を使う必要はありません。フリーハンドで描くからこそ、だんだんと上手になっていくのです。図を描かない人も多いですが、これもお勧めしません。問題文に描かれている図が複雑なものでない限り、図は自分で描きながら考えましょう。描いているうちにわかってくることがよくあります。特に、旅人算の問題などは、線分図を描くと動きが見えやすいです。

塾の先生は、解説をする時に、線分図を描いて説明することが多いはずです。これは、生徒に理解してもらうために描いている側面もありますが、先生自身も、難解な問題を自分で解く際には、図を描いているのです。プロでもそうなのですから、受験生が描かないで解こうとしてはいけません。

図の中に条件を書き込んでいく内に、複雑になる時があります。もう一度描き直しましょう。何度描き直しても良いです。描き直す度に、上手になっていく事を実感するはずです。まずは塾の先生の図を丸写しすることから始めてみて下さい。次に問題に描かれている図をそのまま描き写していきましょう。慣れてくると、問題文を読んで図を描けるようになってきます。

問題文に書かれている条件を書き込むことも大事です。どこに書けばややこしく見えないかも、書いて失敗する経験をしないとわかりません。

かくからできるようになるのか、できるからかくのか、どちらか先かはわかりませんが、できる子はよくかきます。かける所からかいていく内に理解が進み、ますますかいて考えるようになるのができる子の特徴です。まずはかいてみましょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。