中学受験生の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その44 毎日適度に体を動かそう

塾に通っていると、どうしても運動不足になります。成長期の子供にとって、運動は大切な刺激です。

学校の休み時間は、大いに運動して下さい。学校の休み時間まで勉強する必要はありません。運動は、全身を刺激しますから、脳にも良い影響を与えてくれます。運動した後に、頭がスッキリして、勉強がはかどった経験のある人は多いのではないでしょうか。詳しいデータは知らなくても、経験則で多くの人が知っているはずです。受験勉強にも大いに生かしたいですね。

休日で一日中勉強できる日があったとしても、1時間でも外出して運動した方が、多くの宿題を終わらせる事が出来たります。頭がスッキリして、集中しやすいからです。運動のしすぎは、眠気を誘うこともあるのでお勧めしませんが、適度な運動は毎日して欲しいですね。学校がある日は休み時間に、休日は意識的に外に出て運動しましょう。エレベーターよりも階段を使ったり、寝る前にストレッチをしたり、と忙しい中でも運動するチャンスは結構あります。

運動が嫌いな人や苦手な人は、歩くだけでも良い刺激になります。他人と競争するわけではないですから、休日に自分のペースで、景色を眺めながら歩くと良いでしょう。

これは大学入試で良く見られる傾向ですが、運動部に入っている生徒が、高校3年生の夏が終わると同時に部活をやめ、受験勉強に集中して逆転合格をする場合があります。体育会系の人は体力があるために、長時間集中して勉強に取り組めるのです。集中力と体力には密接な関係があり、体力のある人は集中力が長く持続します。そこで逆転できるわけです。

中学受験も同じです。6年生になるまで野球やサッカー、水泳など激しいスポーツをしている人は体力があります。6年生の1年間だけそのスポーツをやめて勉強に集中すると、良い結果が出せる可能性が高いです。今4、5年生の人でスポーツをやっている人は無理に辞める必要はありません。6年生になると、どうしても勉強時間を確保しないといけないので、辞めざるを得ない場面に直面する事が多いでしょう。6年生になると同時に辞めても遅くないので、安心して運動を楽しんで下さい。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。