中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その42 五感を使いながら勉強しよう

頭だけを使って考えても、なかなか賢くなりません。想念が次々と生まれて、整理しにくくなるからです。

思いついたり考えた事を書いて可視化し、口に出すことで思考が整理されていきます。手や口の筋肉を使う事で、脳に刺激を送り、記憶に残りやすくなります。算数や理科の計算、国語の記述だけ手を動かすのではありません。暗記分野もできれば手を動かし、声に出して取り組みましょう。

書くのが嫌いな子供は多いです。これは当然のことで、書くという行為は、知的な行為であり、大変な作業なのです。楽な方に流れていくのが人間であり、子供はその傾向が顕著です。

書くのが苦手な人は、まず聞くことからスタートしてみてはいかがでしょうか?塾の先生が話していることをしっかりと聞く。これならそれほど頭を使う必要はありません。板書を写すことも大事ですが、全部写す必要はありません。重要だと思ったところだけ写して、あとは聞くことに集中しましょう。今は動画コンテンツが充実してきているので、自宅で勉強する際も、大いに活用して頂きたいです。

なんとなくわかってきたら、次は声に出してみましょう。周りに人がいる場合はやりにくいでしょうから、自宅で一人で勉強する際にやってみましょう。声に出すことで、その声を自分の耳で聞きますので、聴覚も同時に使うことになり、記憶に残りやすくなります。その後に読み書きをすれば、スムーズに学習が進みます。いきなり読み書きからスタートするために、挫折してしまうのです。

どれだけ勉強が苦手な人でも、日本に長く住んでいる人であれば日本語を話せますし、聞き取れます。これは、子供の頃から周囲の人が使っている日本語を聞いて、自分で話すようになり、その後に読み書きを習う、という自然の流れに沿った学習をしているからです。

実は、語学に限らず勉強は全て、聞くことからスタートすると伸びやすいです。はじめは何を言っているかわからない状態が続きます。それでも聞き続けることで、所々わかる部分が出てきます。そして拙いながらも声に出して表現するようになり、読み書きの段階に入るとスムーズに学習が進みます。

算数を苦手とする生徒が多いのは、いきなり読み書きからスタートするからです。まずは授業をしっかりと聞く。わからない内容は動画を利用して何度も聞き、思ったことや考えたことを声に出す。そこから手を動かして宿題に取り組むと良いしょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。