中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その39 英語やプログラミングの勉強は必要か?

結論から言うと、英語やプログラミングの勉強は中学生になってからで十分です。小学生の間は、4教科をしっかり勉強して、中高一貫校に進むのが効率が良いです。中高一貫校だと高校入試がない分、中学生時代に割と好きな事に没頭できます。その時間に英語やプログラミングの勉強をすれば良いのではないでしょうか。

英語はどこの学校でも教えるので、学校の勉強をしていれば十分ですし、プログラミングは無料で学べるツールがネット上にたくさんあるので、それを利用して独学しようと思えばできます。中学受験に合格したら、合格祝いにパソコンを一台買ってもらいましょう。パソコンで遊んでいると、将来何かの役に立つ事は十分にあります。無料でも楽しめるので、なるべくお金をかけないで遊ぶ事が大切です。

小学校ではプログラミングの学習がありますが、中学生になってから勉強しても全く遅くありません。むしろ、中学受験で基礎学力をつけた後に、プログラミングの勉強をした方が伸びます。今の時代、プログラミングができれば、有名大学に行かなくても就職に困る事はまずありません。有名大学に行って、プログラミングもできれば最強です。人と関わるのが苦手な人でも、プログラミングができれば生きていけます。

それくらい今の時代は、プログラミングスキルが重宝されているのです。今後もこの流れはきっと続くでしょう。英語に関しても、できると将来の選択肢が広がります。英語とプログラミングの両方ができて、大卒の資格を持っていれば、一生仕事に困る事はないでしょう。中学高校の6年間でこの2つの能力を磨き上げて、なおかつ大学を卒業しておく事が、今の時代では最もお得な生き方になるはずです。そのためにも、今は4教科をしっかり勉強して、中高一貫校に合格できるように毎日を無駄に過ごさないようにしましょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。