中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その36 毎週の確認テストを目標にしよう

学習塾に通っている人は、毎週確認テストがあるはずです。その確認テストで8割以上取れるように、毎日勉強しましょう。入試を目標にすると、あまりに先の話なので、現実味がありません。来週のテストであれば、想像しやすいでしょう。

具体的には、授業を一生懸命に聞いて大事なところをノートに取る。家に帰ったら、テストの直しや授業の復習を簡単にする。翌日から家庭学習に着手する。初見でできた問題は◯。初見ではできなかったけど、解説を読んで理解し、再現できた問題は△。解説の意味がわからなかったり、再現ができなかった問題は×。というように3種類に分類しましょう。

1週間以内に、×の問題を調べたり、塾の先生に質問して△にしましょう。解説の意味を理解できて、再現ができるという状態です。△にできなかった問題は放っておいて構いません。いずれ解決する時がくることもあるので、それに期待して今はスルーしましょう。そして来週の確認テストの前日に、△の問題だけ、再現できるかを確認して下さい。それで再現できれば、大抵8割くらい取れるはずです。8割取れなかった場合は、間違い直しのやり方を見直して下さい。やり方だけを丸暗記していないだろうか、わかっていないのに、わかったふりをして質問しないままにしていなかっただろうか、など1週間の自分の過ごし方を見つめ直すのです。

この作業を繰り返すことで、着実に成績は上がっていくはずです。学習塾によっては、1ヶ月に1回テストがあったりします。1ヶ月も経てば、ほとんどの人は過去にやった内容を忘れています。それで構わないのです。その代わり、テストの間違い直しをして、過去にやった内容を復習して下さい。

今後、何度も同じような問題が出てくるはずです。間違えるたびに間違い直しをして、過去にやったテキストと見比べて、理解を深めていきましょう。理解したことはなかなか忘れませんが、理解するのにかかる時間は千差万別です。遅いことを恥じる必要はありません。ゆっくりで構わないので、一つずつ着実に理解するように努めましょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。