中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その30 やる気は出すものではなく、やる内に湧いてくるもの

やる気が出ないという言葉をよく聞きます。やる気が出ないから出来ない。やる気を出す方法を教えてください、という質問を受けた事があります。

結論から言うと、やる気は無くてもいいです。大切なのはスタートする勇気です。スタートさえすれば、徐々にやる気が湧いてくるものです。やる気がないからスタートできないのでは無く、勇気がないからスタートできないのです。

勉強をスタートすると、頭を使わないといけません。頭を使うのが好きな人は、簡単にスタートできますが、そうでない人は、頭を使う労力を想像して、スタートする前から嫌になってしまうのです。頭を使うのは、エネルギーを消耗します。勉強ばかりした後に疲れるのは、エネルギーを使っている証拠です。そして勉強は、面倒な作業の連続です。反復練習が必要ですし、細かい点に注意しながら進めていかなければいけません。間違い直しも気持ちの良い作業ではありません。人は易きに流れるので、しんどいことはなるべくしたくない気持ちはよくわかります。ですが、面倒な事、しんどい事を乗り越えないと、良い思いができないのも事実です。

スタートする前にあれこれ想像すると、なかなかスタートできません。何も考えず、机に向かって手を動かしていると、徐々にやる気が出てくるものです。やる気なんてなくて構いません。文句を言いながらでも構わないので、とにかくスタートする事です。やる気満々で取り組んだけれども、数分で勉強をやめた経験はないでしょうか。逆に、嫌だなと思いながらもやっていく内に、興味が出てきて追求した経験はないでしょうか。やる気は特に関係ない好例ですね。

失敗を恐れる人もなかなかスタートできません。ですが、失敗しない人なんていませんし、失敗は恥ずかしいことでも何でもありません。失敗を恐れてチャレンジしないことの方が、よほど恥ずかしいのです。結果はやってみないとわかりません。気負うことなく、軽く始めれば良いのです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。