中学受験生の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その26 スタートの早い人がうまくいく

受験勉強に限らず、スタートの早い人は大抵うまくいきます。塾に到着したらすぐに勉強を始める。塾が終わって帰宅後、すぐに机に向かって今日の復習をする。図書館に行ったらすぐに勉強を始める。先生から、ではこの問題を考えましょうと言われたらすぐに考え始める。などすぐに始める人は成績を伸ばしていきます。

逆に、机に向かっても一向に勉強せず、ダラダラと机の上の整理などをしてから始める人などはやはり伸びにくいです。なかなか始めるのに時間がかかるのには理由があります。それは、スタートする時に最もエネルギーがいるからです。一旦始まってしまえば、スムーズに継続します。スタートが大変なのです。ここは意識する事が大切です。帰宅後はすぐに勉強をスタートしよう、と帰宅途中で意識しておくのです。帰宅したら今日の復習をしよう、ではなく、帰宅したらすぐに今日の復習をしよう、と決めておくのです。

すぐにスタートするのはメリットしかありません。まずテンションが上がり、楽しくなる。失敗しても早く改善できる。多くの量をこなせる。周囲の人に好かれる。など良いことばかりです。勉強ができるようになりたければ、スタートを意識しましょう。はじめは大変かもしれませんが、習慣化すれば難なくできるようになります。

学生時代も、社会人になっても使える武器なので、出来るだけ早い段階で身につける事をお勧めします。誰でも失敗はつきものです。失敗を恐れていては何もできません。失敗しながら改善していく事で人間は成長するのです。早く失敗して、早く改善し、成長する。このサイクルを作る事が大切です。

今はスピードの時代です。今後ますますその傾向は加速するでしょう。遅い人はスタートラインにも立てないのです。若い頃はエネルギーに溢れています。それを行動力に変換させましょう。行動すればするほど、エネルギーが湧いてくる事を実感するでしょう。そうなると、受験勉強でも何でも楽しくなるはずです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。