中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その25 素直な心の持ち主が最も伸びる

どんな分野であれ、新しく何かを学ぶ時、素直な人が最もよく伸びます。話をよく聞き、疑問に感じたことを質問し、答えに対して、なるほどと納得する人ですね。納得する人は前に進めますから、どんどん成長していきます。いつまでも納得いかないと言って、そこに留まっている人はどうしても成長が遅くなってしまいます。

納得できるできないは、内容ではなく、その人の心の問題なのです。素直な人は、納得できます。たとえ的外れな答えを聞いても、この人はこういう人なんだな、とかこの人の本当に言おうとしていることはこういうことなんだな、というように解釈して納得するのです。つまり、納得というのは人にさせてもらうのではなく、自らする積極的な行為なのです。

子供が素直に育ってくれたら子育ては成功です。知識や技術は後からいくらでもついてくるのです。どれだけ才能があっても、素直でない人は、途中から伸び悩みます。周囲の人が協力してくれないようになるからです。人は皆、素直な人が好きで、ひねくれている人を応援したいとは思いません。

ではどうすれば素直な人に育つのでしょうか。これは、幼少期にいかに親に愛されたかだと私は感じています。条件付きの愛情ではなく、無条件の愛情です。どんなに悪いことをしようが、どんなに成績が悪かろうが、愛されるという体験をした子供は、素直に育ちます。逆に、良い子でないと怒られたりすると、子供は自分も他人も信用できなくなります。自己評価も低くなってしまうでしょう。そうするとなかなか伸びないのです。

親の姿勢としては、子供の話をよく聞き、悪い事をしても叱りはするけど愛情は常に持っているという事を伝える事が大切です。成績が悪くても怒らず、笑い飛ばして改善策を一緒に考える親だと子供は安心して受け入れようとしますし、やる気も出るでしょう。甘やかすのはいけまんが、出た結果に対して怒っても結果は変わりません。叱るなら、結果が出る前のプロセスを叱りましょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。