中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その22 10代の勉強でその人の人生レベルは決まる

10代に向けて、何かメッセージがあるとするなら、私は、一生懸命に勉強しよう、と言いたい。スポーツ選手になれるくらい才能があったり、芸術の分野で既に評価されているくらいの才能の持ち主であれば、その道に突き進めば良い。しかし、多くの人にそんな才能はなく、将来何がしたいかが無い人も多いだろう。そういう人は、是非勉強することを勧めたい。

10代の10年間勉強に打ち込んで、一流大学に合格した人と、そうでない人とでは、その後の人生に大きな差となって現れる。大学に行った人と、大学に行かなかった人との間にも大きな差がある。

一流大学に合格するかどうかは、小学校6年生の段階でほぼ決まる。大手進学塾で偏差値60くらいあれば、可能性は十分ある。55くらいでも、中学生以降に勉強をかなり頑張れば行ける可能性はある。50前後なら、一流大学の道はかなり厳しい。その場合でも、二流大学には努力で行けるので、一生懸命に勉強して欲しい。40以下なら、二流大学にも行けないかもしれないが、それでも勉強は頑張って、大学には行った方が良い。大卒と高卒では、生涯年収が異なるし、世間の評価も異なる。

つまり、10代は勉強に打ち込む事が最も将来得する選択ということだ。今学習塾に通えている環境は、当たり前ではなく、本当に恵まれている環境であることを知って欲しい。勉強は努力が報われやすい分野だ。得意不得意があっても、自分に合った受験ができる学校は探せば大抵ある。早い段階で志望校を決めて、それに向けて戦略を立てて勉強すれば、合格する可能性は高まる。

できるだけ良い中学に行けば、そこで同じレベルの人間に囲まれることになるから、刺激を受けて向上することができる。小学校4、5、6年生の勉強がいかに大事かがおわかりいただけただろうか。周りの生徒が遊んでいる中、自分一人勉強しているのは辛いかもしれないが、負けずにを第一志望校に合格すれば、将来必ずその報いはあるとお約束しよう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。