中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その18 集中力を鍛えよう

同じ時間勉強しているのに、成果には大きな差が出ます。これはなぜでしょうか。持って生まれた能力の差や環境の差はもちろんありますが、集中力の差はかなり大きいです。そして集中力は、トレーニングで鍛える事ができます。

最も良いのは、好きなことを通して集中力を鍛えることです。嫌いな事はそもそも集中できません。6年生になるまでは、好きなことをし続けましょう。スポーツが好きならスポーツを、ピアノが好きならピアノを、ゲームが好きならゲームをしましょう。

もちろん塾の家庭学習が疎かになったり、雑にやってはいけません。ですが、早く家庭学習を終わらせて、好きな事をするのは問題ないです。むしろ、好きな事をできるだけ長くするために、家庭学習を早く終わらせようと集中して取り組むようになるでしょう。要領良く勉強するために頭を使うようにもなるでしょう。ダラダラと勉強するより、よほど良いです。

好きな事は放っておいても頭を使って集中します。これで集中力が鍛えれるわけですね。集中力を鍛える事が出来れば、さらに勉強の効率が上がり、ますます量をこなす事ができます。これで成績が上がり、勉強のモチベーションも上がり、さらに勉強するという正のスパイラルに入っていけるわけです。

良い成果を上げる人は、皆集中力が高いです。目の前の事のみ考えていますから、注意深くなり、ケアレスミスも少ないです。ケアレスミスが多いというのは、集中力が低い証拠であり、余計なことを考えている場合が多いです。雑念は誰にでもありますが、普段の勉強や好きなことを通して集中力を鍛えていけば、ケアレスミスも減っていくでしょう。

夜よりも朝の方が集中力が高いので、なるべく朝早く起きて勉強し、夜はすぐに寝るようにしましょう。夜集中力が低下するのは、1日の疲れが溜まっているからです。体力のある人は疲れが溜まりにくく、集中力が持続しやすいです。休みの日はできるだけ外に出て、運動をするようにしましょう。子供は大抵身体を動かすのが好きです。我慢する必要は全くありません。ストレス解消にも繋がって、勉強にも良い影響を与えることでしょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。