中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その17 突き詰める学習が楽しい

物事を深く理解するには、突き詰めようとする姿勢が大事です。浅い理解では、どうしても応用問題に対応できません。初めから深い理解をする必要はありませんが、同じような問題に出会った時は、突き詰めて考えてみましょう。

勉強と聞くと、面白くない印象を持つ方も多いかもしれませんが、突き詰めるのは面白いものです。研究者などはその最たる例ですね。追求していくと、どんどん興味が湧いてくるのです。それを勉強でも活用すれば、受験勉強は苦ではなくなります。

算数だと、公式を自分で導いてみる、社会だと自分でネットを使って調べてみる、など追求していくと、時間を忘れて没頭することがあります。真面目に努力する人は、それはそれで立派ですが、没頭する人には敵いません。特に子供は、何かに没頭する能力に長けています。大抵の子供は、勉強よりも外で遊んだり、ゲームをする方が楽しいことでしょう。この違いは何なのでしょうか。

まず1つに、能動的か受動的かがあります。外で遊んだり、ゲームをするのは能動的です。自分の頭を使って試行錯誤する楽しさがあるわけです。一方、親や塾に強制的にやらされる勉強は、受動的な面が強いです。周りから強制的にやらされる事は、大人も子供も関係なく嫌になります。

2つ目は、禁止されるとやりたくなる、というのも人間共通の性質です。やるなと言われるとやりたくなりますし、やれと言われるとやりたくなくなるのです。だから大抵の子供はゲームをやりたがり、勉強をやりたがらないのです。親の姿勢としては、やりたくなかったらやるな、でいいのではないでしょうか。

知的好奇心というのは誰にでもあります。ただし強制されると嫌いになってしまい、好奇心の芽が摘まれてしまうのです。そう考えると、塾に入れるのも慎重にならないといけませんね。今は通信教育が充実しているので、その方向で学習環境を作るというのも1つの案として検討しても良いかと思います。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。