中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その15 見直しは解きながらするのが効率的

ケアレスミスを防ぐところでもお話しましたが、大事な事なのでもう一度書きます。見直しは全部解き終わってからするものではなく、解きながらするものです。解きながら、この計算はあっているだろうか、聞かれている問いにちゃんと答えているだろうか、など数秒の見直しで構わないので解きながら確かめましょう。

全部解き終わってから見直しをするのは効率的ではありません。問題文を読み直す必要がありますし、どこに考えた形跡があるのかを探さないといけません。そもそも時間が足りなかったら、見直しすらできないこともあり得ます。そうならないために、解きながら見直しをする事をお勧めします。問題文に線を引いたり、丸で囲ったりすることも効果的です。何を問われているのか、単位は何か、など自分がよく間違えやすい箇所には印をつけると、注意を向けることができます。

もう1つ大事なのは、普段の練習から、丁寧に取り組んで見直しをすることです。普段の取り組み方が、そのまま復習テストに出ます。入試本番でも出ます。普段から字を丁寧に書いて、普段から見直しをしましょう。多くの時間を使う必要はありません。目で追って確認するだけで良いのです。数秒で済みます。これをやるかやらないかで、点数が変わりますし、合否にも関わってくる場合があります。

入試は、多くの生徒がボーダーラインに密集しています。1点や2点で合否が分かれることはザラにあります。見直しをしていれば合格していた生徒は、今まで数え切れないほどいたでしょう。習慣の力を侮ってはいけません。復習テストや入試で、意識して見直しをしようと思っても、いざテストが始まると、習慣付いていないことはできないのです。逆に言うと、普段から丁寧に解いたり、見直しをする習慣が付いていれば、多少調子が悪くてもミスをしないものです。

子供の習慣付けには、精神状態も大きく関わってきます。安心できる環境にいなければ、子供は受け入れようとしません。保護者が、子供から安心され、信頼される人にならなければ受け入れてくれないのです。このブログでは、親子関係のあり方なども綴っていく予定です。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。