中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その7 ケアレスミスを防ぐには

ケアレスミスが直らないと悩む人は多いです。あとで見直すと、どうしてこんな所でミスしてしまったんだろうと不思議に思いますよね。ケアレスミスを無くす事は正直難しいですが、減らす事は可能だと私は感じています。

まず1冊のメモ帳を用意して下さい。小さなもので構いません。普段の勉強やテストの間違い直しをする際に、ケアレスミスが出てくる度に、どんな間違い方をしたのかを箇条書きでそのメモ帳に書いていきます。数字を雑に書いて読み間違えたなら「数字が雑」、桁がズレたのなら「桁ズレ」、問題文を読み間違えたのなら「読み間違え」、といった具合です。新しい間違え方が出てくる度に項目を追加していき、同じ間違いをする度に「正」の字で回数を記入していきます。

そしてテストの日になったら、そのメモ帳を読み返して、自分はどのような間違え方をしやすいかを自覚してテストに臨みましょう。こういった習慣が身につけば、漫然とテストを受けるよりもケアレスミスは減るはずです。周囲から言われてもなかなか直らないのがケアレスミスです。本人も間違えたくて間違えているわけではないからです。

私は、直す方法は自覚と見直しだと考えています。自覚を促すためにメモ帳を活用する事をお勧めします。もう一つの見直しですが、問題を全て解き終わってから見直しする人が大半ですが、実はこれはあまり効率的ではありません。全て解き終わってから見直しすると、また問題を1から読み返さないといけないですし、自分がどこに計算したかを探さないといけないからです。見直しは、問題を解きながら見直しする方が効率的です。2歩進んで1歩下がるイメージです。計算結果が複雑になる場合は、大抵どこかで計算ミスしている事が多いです。少し戻って、間違っていないかなと自分を疑いましょう。

自信を持って前に進むことは大事ですが、疑うことも同じくらい大事です。これら2つの心を、バランス良く保った状態で受けることができれば、きっとケアレスミスは減っていくことでしょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。