中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

その100 学問の世界にようこそ

今までの私のブログをご覧になって、学問で身を起こそうと決意した方、まずはおめでとうございます。あなたは将来、幸せな人生を送れる可能性が高いです。 どんな時代になっても、廃れることの無いのが学問です。本人の努力次第では、地位や名誉、お金も全て…

その99 ぬるま湯から抜け出そう

人にはそれぞれ快適な空間があります。これをコンフォートゾーンと呼ぶのですが、成長するというのは、このコンフォートゾーンから抜け出すことでもあります。 受験勉強でも同じです。毎週同じことを繰り返して、成績が上がることも下がることもないと、その…

その98 良い先生や良い塾とは

良い先生や良い塾は、基本を決して疎かにしません。基本をしっかり勉強させる授業は、退屈で面白くありません。子供が授業を受けて帰ってくると、面白くなかったとか簡単な問題ばかりだったと言うかもしれません。しかし、その授業は基本を疎かにしない良い…

その97 勉強すれば幸せになれる

幸せな人生を歩みたければ、勉強は不可欠です。勉強すればするほど、付き合う人が変わります。今、人間関係に恵まれていなかったら、勉強しましょう。今よりもレベルの高い人と巡り会う事ができます。小学校高学年だったら、受験勉強は最適ですね。勉強して…

その96 5年生の夏は周りと差をつけるチャンス

6年生の夏は受験の天王山と言われます。この夏の頑張りが入試の合否に関わるため、できるだけの努力をして乗り越えましょうというのは間違いではありません。しかし、6年生は大抵の人が頑張るので、周りと差をつけることはなかなか難しいです。しかも、サ…

その95 喜怒哀楽を激しくしよう

記憶力を強化したければ、喜怒哀楽を激しくすることです。感情を伴った記憶を、人はなかなか忘れません。受験勉強は記憶する部分が多いので、間違えた時に感情を込めることはとても大事です。正解した時は喜び、わからない問題に出会った時は怒り、成績が落…

その94 これからの時代、学歴は不要?

以前から、学歴不要論を唱える人がいましたが、今は、インフルエンサーの中にもそれを唱える人が出てきていることから、影響を受ける人も少なからずいると思います。 私の考えとしては、勉強の才能があれば、旧帝大や早慶などの大学に是が非でも行っておいた…

その93 勉強は勝ち負けではない

勉強は勝ち負けではありません。昨日の自分よりも一つでも多くのことを知り、使えるようになれば成長しています。成長のスピードは人によって異なるので、自分のペースで勉強すれば良いのです。勝ち負けを持ち込むと、知的好奇心が育たない場合があります。…

その92 勉強のできる人と友達になろう

勉強ができるようになりたければ、勉強のできる人と友達になるのが手っ取り早いです。人は、同じ時間を過ごす人と習慣や考え方が似てきます。勉強のできる人と友達になれば、彼らのものの考え方がわかります。楽して成績が良いわけではない事もわかります。…

その91 丁寧さ重視かスピード重視か

初めて習う内容は、丁寧さ重視が良いです。つまり、4、5年生の間は、一問一問理解を進めながら丁寧に取り組みましょう。6年生になったら、スピード重視に切り替えていけば大丈夫です。 理解していないのにスピードを上げても、基礎に穴ができるだけで、応…

その90 音楽は頭を良くする?

頭の良い人達に音楽を愛する人が多いのはご存知でしょうか?一流の経営者や学者、研究者に音楽を愛する人は多いです。特に、クラシックを愛する人が多く、クラシックを聴くと頭が良くなるという話を聞いた事があります。あの有名なアインシュタインもクラシ…

その89 競争が苦手でも受験に勝てる?

人と争うのが苦手な人は多くいます。結論から言うと、そんな人でも受験は勝てます。 なぜなら受験は、人との争いではなく、自分との戦いだからです。人よりも点数が高いから合格するというよりも、他人ができる問題をミスしなかったから受かるのです。他人が…

その88 好きなことだけしてうまくいく?

好きなことをして生きていこう、というフレーズを最近よく耳にするようになりました。実際、好きなことをしてうまくいっている人は大勢います。ただし、受験に関して言えば、好きなことだけしてもうまくいかない場合は多いです。 受ける学校にもよりますが、…

その87 子供がカンニングしたら

子供なら誰でも一度はカンニングをするものです。自信のある教科ならカンニングはしませんが、自信のない科目はカンニングをしても不思議ではありません。 カンニングする動機は色々あります。自分ができる子だと思われたい、親を悲しませたくない、親に褒め…

その86 挨拶・正しい言葉遣い・時間厳守をさせる

健全な精神は、日々の生活態度から育まれます。生活態度が悪い場合は、必ず注意した方が良いです。 挨拶をしない・正しい言葉遣いをしていない・遅刻をする、などこうしたことを放っておくと、成績が上がらないだけでなく、親を尊敬しなくなったり、感謝しな…

その85 合格最低点をクリアする

学校のホームページを見ると、大抵の学校は入試の合格最低点を掲載しています。年度によって変わってきますが、参考にはなります。 入試は、合格最低点をクリアすれば良く、トップで合格する必要はありません。そこをクリアするにはどの科目のどの分野に比重…

その84 いじめられる人には長所がある?

子供の世界でも大人の世界でも、いじめは以前として無くなっていません。いじめられて自殺する人も毎年一定数います。日本に限らず世界中で起こっている深刻な問題です。 ここで提言したいのは、いじめられる人というのは、必ず何かしらの長所があるからいじ…

その83 書く効用

書く習慣をつけると、良いことがたくさんあります。 まずは記憶に残りやすい。五感を刺激するので、記憶に残りやすいのです。 次に、考えが整理される。頭の中だけで考えていると、どうしても雑念が混じるので、整理されにくいことがよくあります。書くこと…

その82 難しい問題は解かなくて良い?

どんな学校でも、そこを受験する生徒のレベルに合わせて、基本問題・標準問題・やや難問・難問の4種類の問題が出題されます。 合格するには、やや難問や難問を解けなければいけないと考える方が多いですが、実は逆です。基本問題と標準問題をミスなく解けな…

その81 しつけは必要?

最近、しつけをしてはいけない、と主張する人が出てきました。今までは子供をしつけるのは親の務めと考えられていましたが、しつけをする事で子供の心に悪影響を及ぼすという見方が生まれてきたのです。やり方にもよりますが、確かに一理ありそうです。 昔は…

その80 伸びる人はどんな人?

生徒を見ていて感じることは、伸びる人は、自分1人でどんどん勉強を進めていく人ですね。授業中にこれをやって下さいと言うと、その問題を解き終わるとすぐに別の問題を解きたがる傾向にあります。解説が始まっても別の問題を考え続けていて、話を聞かない…

その79 勉強と学習と学問

勉強・学習・学問の3つの言葉を聞いた事があると思います。同じような内容なのに、3つの言葉があるということは、その意味が微妙に異なるということです。漢字の成り立ちから意味を考えていきましょう。 まず勉強から。これは強いて勉めさせると書きます。…

その78 人は短所ではなく、長所で足元をすくわれる

子供の頃は、自分の短所に目がいきがちです。大人になっても自分の短所ばかりに目がいく人がいます。これは自然のことで、人は自分の長所になかなか気づきません。しかし、人は長所で足元を救われ、短所で愛される事がよくあります。 頭の良い人は、その頭が…

その77 家事のお手伝いをしよう

勉強が忙しいからという理由で、家事を全て保護者がするというのはお勧めしません。そういう対応をすると、勉強さえしていれば、家事やその他の事はしなくて良いと考えるようになってしまいます。次第に勉強している自分は偉いと勘違いし、態度も傲慢になっ…

その76 得意科目を伸ばす?苦手科目を克服する?

結論から言うと、どちらも大切です。得意科目はどんどん伸ばさないともったいないです。苦手科目も足を引っ張らない程度にしておかないと損することになります。 得意科目は、勉強がそこまで苦ではないはずなので、スムーズに進むはずです。一方苦手科目は、…

その75 最後は強い気持ち

受験生を見ていると、気持ちの強い人は、最後に合格を勝ち取る場合が多いですね。6年生の11月に偏差値が49だった生徒が、偏差値62の学校に受かったのは忘れられません。 その生徒は、ずっとその学校を目指していて、偏差値が届かないためにその学校のコ…

その74 神社に行ったら

毎年合格祈願のために神社に行く方は多いですね。神社に行くと、合格祈願が書かれた絵馬をよく目にします。合格祈願自体は悪いことではありません。勝負事には不安が付き物ですから、神頼みしたくなる気持ちもわかります。 ただし、合格祈願をする際にはポイ…

その73 不安になった時は

入試本番の事を考えて、不安になることがあると思います。そんな時は、とにかく行動することです。行動し続けると不安は和らいでいきます。人間は暇になると、マイナス思考になりがちです。マイナス思考になったら勉強しましょう。難しい問題を解く必要はあ…

その72 昔の人の知恵は本当に役に立つ

昔の人の知恵から学ぶことは多いですね。 たとえば、かわいい子には旅をさせよという有名な言葉があります。子供が可愛いならば、甘やかすのではなく、世の中の辛さを経験させた方が良いという意味です。旅と聞くと楽しいイメージがありますが、昔の人にとっ…

その71 教育は難しい

子供たちと日々接していて思うことは、教育は本当に難しいということです。ここは言った方がいいのか、放っておいた方がいいのか、どうすれば自ら勉強してくれるようになるのか、など悩む毎日です。 保護者の方も同じだと思います。人の心を扱うわけですから…