中学受験の明日のために

中学受験で合格を勝ち取る方法

中学校研究 その24 東大寺学園

1926年創立

教育方針

1.基礎学力の重視:中高一貫教育を基本として、基礎学力の充実・練磨につとめ、高等教育への素地をつくる。

2.進取的気力の育成:進んで心身を鍛錬し、個性の伸長・自主性の確立につとめ、いかなる苦難にも屈せぬ気概を養う。

3.豊かな人間性の形成:東大寺創建の精神にかんがみ、生あるものすべての共存・相互扶助への自覚を深め、情操豊かな人間性の育成につとめる。

 

所在地:奈良県奈良市

アクセス:高の原駅

 

募集人員:200名

入試日・入試科目:1月17日 4教科(国語・算数・理科・社会)または3教科(国語・算数・理科)の選択。4教科受験生は各教科100点の400点満点の合計と、国算理の3教科の合計の4/3倍のうち高い方を総合点とします。3教科受験生は得点(300点満点)を4/3倍して400点に換算します。試験時間は算数60分、他は50分。

合格発表:1月19日

 

関西で灘に次ぐ難関校。私が受験生の頃は3教科入試というのは無かったような気がするのですが、今は選択になっていて、高い方を総合点にできるという特殊な学校です。進学実績はとてつもなく良く、旧帝大や神戸大・一橋大や医学部医学科に約半数が進むので、甲陽と同等かそれ以上の実績を出しています。自由な校風で運動場も広く、のびのびとした学生生活を送れることでしょう。高校生クイズなどにもよく見かける学校ですし、大学受験の時も、模試で上位に名を連ねることが多かった記憶があります。

中学校研究 その23 甲陽学院

1920年創立

教育方針:気品高く教養豊かな有為の人材の育成

 

所在地:兵庫県西宮市

アクセス:香櫨園

 

募集人員:200名

考査日程

1月15日 国語(55分・100点) 算数(55分・100点) 理科(55分・100点)

1月16日 国語(55分・100点) 算数(55分・100点)

合格発表:1月17日

 

灘に次ぐ関西の名門男子校。ちなみに私は中学受験でこの学校に受けて落ち、兄は受かりました。中学時代は制服がありますが、高校生から制服は無くなります。旧帝大や一橋大・神戸大・医学部医学科に約半数が進む進学校です。現役から早慶に進む人は少ないので、国公立に受からなかった人は大抵浪人します。自由な校風で、規則があまりない様子は兄を見ていてよくわかりました。2日間にわたる入試は灘と全く同じで、日程も同じため、関東でいうところの開成と麻布と言ったところでしょうか。灘と同じく算数が難しいので、算数が苦手な人が合格するのは難しいでしょう。かと言って国語を疎かにもできないので、6年生の夏までに算数と国語をハイレベルの状態に持っていくことが必須となります。ちなみに私は理科でコケたので、1日目の入試が終わった瞬間に落ちる予感がしたのを覚えています。

中学校研究 その22 灘中学校

昭和2年、灘五郷の酒造家両嘉納家及び山邑家の篤志を受けて創立

教育方針

1.「精力善用」「自他共栄」の精神に徹した健全な社会人を育て上げる。

2.自主性を養い強固な信念を育てる。

3.質実剛健をモットーとし勤労を喜ぶ習慣を養う。

4.運動を奨励し強靭な体力と明朗闊達なスポーツマンシップを育成する。

5.豊かな趣味を養い高尚優雅な品性を育成する。

 

所在地:兵庫県神戸市

アクセス:住吉駅

 

募集人員:約180名

試験日・科目:1月15日 国語・理科・算数 1月16日 算数・国語

合格発表:1月18日

 

関西で最も難しい学校。筑駒と並んで日本一難しい学校と言われている。旧帝大東工大・一橋大・神戸大・医学部医学科に約2/3が進学するエリート校です。早慶に進学する人は少なく、国公立に進学する人が他の学校に比べて多いです。入学試験は、筑駒に比べて算数が難しく、この入試を突破する生徒は、皆算数のレベルがかなり高いです。算数と国語が2日間行われるために、これらの科目で苦手な分野があるとまず合格が難しくなるでしょう。社会が無い分、算数や国語の勉強時間を多く取ることができますが、東大寺も受ける生徒は社会の勉強もしています。4科目全部勉強してあの算数を取れるのは脱帽するしかありません。関西は算数が強く、関東の塾からは関西の受験を突破した人に一目置く傾向があります。灘出身の人と仕事をしたことがありますが、頭が異常に良かったことと、個性的な人が多かったです。

中学校研究 その21 栄光学園

1947年創立

教育理念

栄光学園の教育は、キリスト教的価値観、また、イエズス会創立者イグナチオの精神を基盤とし、生徒一人ひとりが神から与えられた能力を十全にのばし助けることを基本理念とする。

 

所在地:神奈川県鎌倉市

アクセス:大船駅

 

募集人員:180名

試験日:2月2日

試験科目:国語(50分70点)社会(40分50点)理科(40分50点)算数(60分70点)

合格発表:2月3日

 

神奈川の聖光に次ぐ進学校キリスト教の教えに基づく教育を行っています。兵庫県の六甲中学などを姉妹校に持ち、進学状況も良い学校です。旧帝大東工大・一橋大に約1/4が進学し、80名近くが早慶に合格するので、優秀な学校と言って間違いありません。10代に受けた教育は、学校生活だけでなく、社会人になってからも多大な影響を及ぼすので、違和感を感じる学校は避けた方が良いですが、私は栄光の目指す理想の人間像に好感を持つので、以下に載せておきます。

1.真理を求め、たえず学び続ける人間。

2.素直な心をもち、人々に開かれた人間。

3.確信したことを、勇気をもって実行する人間。

4.自分の力を喜んで人々のために生かすことのできる人間。

5.己の小ささを知り、大いなる存在に対して畏敬の念を持つ人間。

6.多くの与えられた者として、その使命を果たすことのできる人間。

こんな人間になれたら人生の勝者になれますね。

中学校研究 その20 聖光学院

1819年創立

建学の精神

聖光学院の建学の精神は、『カトリック的世界観にのっとり、人類普遍の価値を尊重する人格の形成、あわせて高尚、かつ、有能なる社会の成員を育成する』にある。

 

所在地:神奈川県横浜市

アクセス:山手駅

 

募集人員:第1回 175名 第2回 50名

試験日:第1回 2月2日 第2回 2月4日

試験科目:国語(60分150点)算数(60分150分)理科(40分100点)社会(40分100点)

合格発表:第1回 2月3日 第2回 2月5日

 

神奈川県トップレベルの男子校。SSHスーパーサイエンスハイスクール)にも指定され、旧帝大東工大、一橋大、神戸大、医学部医学科に約100名が合格する。早慶には200名以上の合格者を出す名門校。カトリックの学校なので、宗教色に抵抗のある方にはお勧めできませんが、特に気にしない人は御三家と同時に受験してみても良いと思います。筑駒の日程とも被らないので、塾でトップクラスの成績の方は、1月に渋幕、2月1日に御三家、2日に聖光、3日に筑駒という受け方も面白いですね。午後受験で抑えの学校を合格しておけば、安心して受験ができます。

中学校研究 その19 広尾学園

大正7年創立

教育の特色:高水準の授業・抜群の英語環境・勉学と部活動の両立を目指す・感動の数が多いほど成長できる

 

所在地:東京都港区

アクセス:広尾駅

 

募集人員:第1回50名 第2回70名 医進・サイエンス35名 インターナショナルAG10名 第3回35名

試験日:第1・2回2月1日 医進・サイエンス・インターナショナルAG2月2日 第3回2月5日

試験科目:第1~3回 国語(50分100点)算数(50分100点)理科(30分50点)社会(30分50点)

医進・サイエンス 算数(50分100点)理科(50分100点)国語(30分50点)社会(30分50点)

インターナショナルAG English(50分100点)Mathematics(50分50点)Japanese(30分50点)Interview(10分)

合格発表:翌日

 

最近人気の学校。旧帝大にもそこそこ合格し始めてきたので、これからも人気は続くと予想されます。英語には特に力を入れているようで、男子よりも女子の方が受かりにくい学校です。入試の形態も様々ありますし、日程も複数回あるので、御三家を受けたあとに受ける人が一定数います。創立は古いのですが、広尾学園という名前になってからはまだ歴史が浅いので、自分達で歴史を作っていくことに面白さを感じれる人にはお勧めの学校です。立地も良いので環境は申し分ないですね。

中学校研究 その18 海城中学

1891年創立

教育:一人ひとりの個性を磨き、能力を高め、地球規模で考え、行動できる人間を育成する。

 

所在地:東京都新宿区

アクセス:新大久保駅

 

募集人員:一般入試①男子145名 一般入試②男子145名

試験日:一般入試①2月1日 一般入試②2月3日

試験科目:国語(50分120点)算数(50分120点)社会(45分80点)理科(45分80点)

合格発表:一般入試①2月2日 一般入試②2月4日

 

約1/3が旧帝大東工大・一橋大・神戸大・医学部医学科に進学する。元海軍学校だったこともあり、男らしい人間に教育するという印象を受けます。山手線にある学校なので、アクセスはしやすいですね。早慶にも合わせて200名近く合格するので、将来エリートとして生きる足がかりに良い学校です。男子校には勉強に集中しやすいという男子校の良さがあるので、男子校にしようか共学にしようか迷っている方は、学生時代にしか体験できない男子校を勧めます。2月3日の入試の方が断然難しいので、よほど自信がない限り1回目で合格を取っておいた方が賢明だと思います。